御神號の掛け軸
天照皇大神
御神号とは
太陽を象徴する神様だといわれた天照皇大神のお名前が書かれている掛け軸です。家でもっとも尊いとされ、神様とご先祖様をまつる床の間に、神様が来られることを願うために御神号を飾ります。
お正月に氏神様をお迎えするためにも、ぜひお飾りいただき、家族一年間の安全、困らない人生、地域の発展の祈りとともに、神様からの恵みに感謝いたしましょう。
解説
天照皇大神の象徴として、「日本書紀」にも登場する「天見通命」の末裔、荒木田守明氏が、清浄な祈りのもとに謹書した神徳あふれる一幅。
作者
荒木田守明
作者詳細
荒木田氏(あらきだうじ)は江戸時代末まで伊勢皇大神社(伊勢神宮内宮)の禰宜(ねぎ)を世襲した氏族。
軸寸法
186×53cm(尺五立)
高級杉箱収納
使途
お正月・祭礼・諸行事に
嬉しい特典
商品が到着次第、すぐにお掛け頂けますよう、風鎮と二重折釘もお付けいたします。

天照皇大神の掛け軸/御神號 荒木田守明謹書 お正月・祭礼・諸行事に-掛軸

最新コメント

ネットで話題の最新記事!
Pickup記事